Home Made Garbage

BLE制御ダイソー版 プラレール製作工程

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT
先日Maker Faire Bay Area 2016でも展示していただいたBLEトレインの製作工程を紹介します!
Maker Faire Bay Area 2016 RedBear社ブースに協力させて頂きました
スマホで動く電車のおもちゃを作って動画やブログをアップしたのですがなんとこの電車に利用したBLE Nanoを製造・販売しているRed Bear Company様からMaker Faire Bay Area 2016に電車を展示したいとの依頼頂きました。 BLE Nanoを送付いただきBLE電車をデモ展示用に...
BLE電車概要
0-1_全体 0-2
  • 1両目に左右に歩行転換するためのサーボモータとバッテリーを搭載
  • 2両目にはモータドライバとBLEマイコンを搭載
  • モータと電源スイッチはもともと電車についてるものを流用
スマホ画面

0-3

スマホのジョイスティックの動きに連動してモータとサーボがうごき電車をコントロールします。
ジョイスティックは以下のライブラリを利用させていただきました
材料

1. 左右方向変更用サーボの搭載

1-1 2両目の車両のサーボモータ配線を通すための穴を開ける
1-1
 
1-2 サーボの余分な分切り取る
1-2
 
1-3 サーボを載せるため1両目の車輪部の後方切る
1-3
 
1-4 1両目切り取りサーボ接着
1-4
 
1-5 サーボの羽と車両連結部品 加工して接着
1-5
 
サーボ動作テスト

 

2. モータドライバ搭載

2-1 I2Cプルアップ抵抗4.7kohm実装
2-1
 
2-2 2両目モータ電極加工
2-2
 
2-3 スイッチ手前に電極追加(モータドライバとBLE Nanoへの電源配線付き)
2-3
 
2-4 モータ電極間に10nF実装
2-4
 
2-5 LiPoバッテリー用ジャンパーワイヤ接続
2-5
 
2-6 ドライバ実装
2-6
 
モータドライバ動作テスト

BLE Nano搭載、サーボ結線

3-1 BLE Nanoハンダ
3-1
 
3-2 サーボ結線
3-2
 
3-3 LiPoバッテリー接続3-3

出来上がり

以上で完成です!! 🙂 
 

ハンダ付け動画

工程2-6から完成までの延々ハンダ付けの地獄の動画 ぜひご覧くださいwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP