Home Made Garbage

ワウペダルと加速度センサでBLE制御ラジコン!

お父ちゃん お父ちゃん  2016.10.13 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT
以前スマホでコントロールするラジコンを作ったのですが。。。

Blynk で BLE 制御ラジコン!

やっぱり物理コントローラで動かしてみたくなりハンドルに加速度センサ、アクセルに大昔に買ったワウペダルを使ってコントローラつくりました♪コントローラと車の通信にはBLEを使用しました。
 
ワウペダルはウルフルズのガッツだぜをコピーしたくて買ったんだったなぁ。。もう20年前か。。。。

構成

%e5%9b%b31

車体

imag0308

BLEとWiFiを搭載したマイコンRedBear Duoを使用しコントローラ情報を受信(BLE Central)し、モータを制御します。今回はWiFi使用しないのでBLE Nanoでも良かったのですがNanoはPWM出力できないのでPWM出力端子のあるDuoを贅沢に使用!

コントローラ

imag0287

imag0314

BLE搭載マイコンBLE Nanoを使用して車体と通信(BLE Peripheral)しています。

ハンドル(現状タッパのフタ。。。ww)の傾きを6軸モーションセンサMPU6050のy軸(水平方向)の加速度で検出しBLE Nanoに送信。

アクセルとしてワウペダルを使用しました。imag0274

%e5%9b%b31

ワウペダル内の可変抵抗に配線引っ張ってBLE Nanoに接続してペダルの踏み込みを検知します。中ホコリだらけだった。。。


 icon-arrow-up 安すぎるー 😯 !!

 

BLE NanoとDuoの詳細は以下にも記載しております。

球体POV製作への道 その4 -BLE Nano – Redbear Duo間通信でモータ制御-

動作

ワウペダルを踏み込むと加速します!

ハンドルを切ると曲がります!

Arduino IDE用コード

Redbear Duo (Central)
以下をベースに生成
 
BLE Nano (Peripheral)
以下をベースに生成
 
6軸モーションセンサMPU6050のArduino用ライブラリは以下にあります(MPU6050とI2Cdevを使用)。
 https://github.com/jrowberg/i2cdevlib/tree/master/Arduino
 
BLE NanoでMPU6050を使用する場合にはArduino IDEボードマネージャのRedBearLab nRF51822 Boardsのパッケージバージョン1.0.5を使用してください。1.0.6以上では何かしらに変更あったらしくエラー出まくります。。。
 
さらにI2Cdev.hに ”#define BUFFER_LENGTH 32″ を追加で問題なく使用できるようになります。
 

 

これでヘッドマウントデスプレイでFPVできたら面白いだろうなぁ

“ワウペダルと加速度センサでBLE制御ラジコン!” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP