Home Made Garbage

Home Made Garbage

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT

小型マイコン Digispark の設定方法

Category : 電子工作 2016.4.25 お父ちゃん お父ちゃん

Digisparkの設定で引っかかった点があったので備忘録として設定方法を記載します♪
 

Digisparkとは

Adafruit Trinketと同じマイコン(ATtiny85)を搭載した小型マイコンで、Arduino Unoじゃスペックオーバーで小型化したい時に最適です。
 
ピン配置

IMAG0481

 VIN → 5Vレギュレータ入力(最大定格 35V)
 GND → グランド
 5V → 5Vレギュレータ出力(5V 500mA)
 P0 → D0(I2C SDA, PWM)
 P1 → D1(PWM, LED)
 P2 → D2(I2C SCL), A1(Analog In)
 P3 → D3, A3(Analog In) [also used for USB+ when USB is in use]
 P4 → D4(PWM), A2(Analog In) [also used for USB- when USB is in use]
 P5 → D5, A0(Analog In)
  P3, P4はUSBデータピンに接続されるのでハイインピー用途以外では実質使えないかな。。
 
回路図
 
購入先
ここで購入しました。¥380。。安すぎる。。きっとクローン品ですが問題なく動きました。
2週間ほどたって忘れた頃にはるばる中国から届きました。  

環境設定方法

ここのとおりやれば動きます。。。がハマった点があるので以下に簡単にまとめます。
Arduino IDEバージョン1.6.8ではエラーがでます。1.6.5では動作確認できました(1.6.7もいけるかもですが試してません)。1.6.11では普通に動作しました!
  • メニュー [ファイル]->[環境設定]内のAdditional Boards Manager URLsに

を追加(すでに他のjsonを入力してる場合はカンマで仕切る)し[OK]をクリック
digispark1

  • メニュー [ツール]->[ボード]内の[Board Manager]を選択
  • [Board Manager] 内の”Digistump AVR Boards”を選択し[Install]をクリック
  • インストール後メニュー [ツール]->[ボード]内に”Digispark (Default – 16.5mhz)”が追加されるので選択
    digispark2
    ポートや書込装置の設定は必要ない

書き込み方法

Digisparkにはリセットボタンがないため、書込みボタンをクリック後”Plug in device now…”と表記されてからDigisparkをUSBポートに差し込む。問題がなければ書き込みが開始する。
いちいち抜き差し面倒なのでダイソーのスイッチ付きUSBコネクタや延長コードがあると便利です。
IMAG0480
I2Cは標準のライブラリWire.hでもTinyWireM.hでも動きました。

追記(16/9/25)

Digisparkで作りました♪

Hey!バス・ストップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP