Home Made Garbage

ArduinoをUSB-MIDIデバイス化してDAWでLED目ん玉コントロール

お父ちゃん お父ちゃん  2016.9.3 
電子工作 / / / /
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT

Moco for LUFAというありがたいファームウェアでArduinoのUSBシリアル変換チップをUSB-MIDI変換するように書き換えてDAWソフトReasonでLEDをコントロールできるにしました!

構成

daw_eyeball_ブレッドボード

マイコンはArduino Unoを使用

 

目ん玉には68個のLED(Neopixel)を使用

18 - 1

eye

Arduino USB-MIDIデバイス化

以下が非常に参考になりました! ホントこの通りやっただけです。

DAWソフトReasonの設定

DAWはMIDI出力できればなんでもいいのですが今回はReasonを使用します。


外部MIDIインストゥルメントを配置しデバイスに”MocoLUFA”を選択します。

01

Arduino IDEコード

MIDIキーボードのノートで瞳の色を変更し、ピッチでまばたき、Modulationで左右に動かします。

Arduino用MIDIライブラリとして以下を使用しました。
 https://github.com/FortySevenEffects/arduino_midi_library/

動作

リアルタイムにコントロールしてもよし 予めシーケンス入力して演奏と同期させるのもよし いつかこれ使ってライブしたいなぁ。

 

#neopixel #led

Home Made Garbageさん(@homemadegarbage)が投稿した動画 –

参考

追記(16/9/15)

Make: Japan様で紹介していただけました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP