Home Made Garbage

球体POV製作への道 その8 -ESP32 & BLINK で Dotstar制御-

お父ちゃん お父ちゃん  2017.6.18 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT

随分前に球体POVを自作しようと思い立ってちょこちょこ検討してたのですが、ほっといてる間に世の中のPOVは空を飛んでましたwww


https://ipod.item-get.com/2017/04/ntt_1.php

ここでやろうと思っていたのは以下のような構成でした。

回転部と制御部を無線にしてWiFiとBLEで回転数や表示画像をコントロールしようと思っていたのですが。。。結局モータや固定具などハード関連で頓挫しておりました。。。(;´д`)トホホ…

時が経ち心機一転的な意味も込めて再度通信デバイス選定から考え直して、本日より球体POVづくり再開します!空は飛ばんヤツで!

まずは回転部の要となるBLEとWiFi通信できるデバイスをRedBear DuoからトレンディなESP32にしようと思います。

ここではESP32でLEDテープをWiFi介してスマホでコントロールすることを実現します。

構成

部品

ESP32-DevKitC

ここではArduino IDEでESP32のプログラミングを行います。Arduino IDEでの開発用ソースがインストール方法と共に以下にアップされています
 https://github.com/espressif/arduino-esp32

Macの場合は以下の記事が参考になります。

MacでESP32のLチカ(Arduino IDE版) - Qiita
##ESP32モジュールと開発ボードをゲット###2017-2-1、秋月電子からESP32モジュールが発売されました。ESP-WROOM-32http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11647...

ピン配置

Dotstar

Dotstarはリフレッシュレートが早く(19.2 KHz)、POVに最適なLEDテープです。

DotstarのArduino用ライブラリは以下にあります
 https://github.com/adafruit/Adafruit_DotStar

Dotstarについての詳細や一般的なLEDテープNeopixelとの比較は以下を参照ください。

球体POV製作への道 その5 -Redbear DuoでDotstarを制御-

球体POV製作への道 その7 -LEDテープ比較 Neopixel vs Dotstar-

Blynk設定

スマホとESP32ボードはスマホアプリのBlynkを用いてWiFi通信させます。

新規プロジェクトを作成します。HARDWRE MODELはESP32 Dev Boardを選択。CONNECTION TYPEはWiFiを選択。AUTH TOKENはArduinoコード生成時に使用します(メールで送信されます)。

zeRGBaウィジェットを配置

zeRGBaウィジットでLEDの色を設定できるようにします。
OUTPUTはMERGEを選択。それぞれ最小値0、最大値255とします。
SEND ON RELEASEはOFFにして随時データ送信できるようにします。
ここではヴァーチャルピンV0に出力するようにしました。

Arduino IDEコード

[スケッチの例] -> [Blynk] -> [Boards_WiFi]-> [ESP32_WiFi]を参考にコード生成しました。

動作

 

#ESP32 & #blynk で LEDテープ #Dotstar コントロール

Home Made Garbageさん(@homemadegarbage)がシェアした投稿 –

いい感じ!

次回は本格再開目指して更にBLE通信も同時にできるようにしたいと思います!
なんとか6月中には実現したい。。たぶん。。。

「球体POV製作への道 その8 -ESP32 & BLINK で Dotstar制御-」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP