Home Made Garbage

PureDataで音を鳴らす

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT

微分音を出してみたくてソフトを探していたらPureDataという面白そうなソフト発見!オブジェクトを繋げて音や映像を作る事に特化した「データフロープログラミング言語」との事。

Linux でも動くのでラズパイにも簡単に搭載できそう!

とりあえずmacで音を出してみたところまで。

PureData

DL

Pure Data — Pd Community Site

起動

puredata1

音が出るか確認

Media > Test Audio and MIDI

puredata3

TEST TONES が「OFF」になっているので「80」や「60」に変更してみる。音が鳴る。

新規作成

File > New (⌘N)

puredata2

オブジェクトの作成

上で作成した新しいウィンドウの方で操作します。

※ 音が大きいので、予め音量を「微少」にしておいた方が良いです!!

音の出所

Put > Object (⌘1) して、ボックス内に「osc~ 440」 と入力 

音の出口

Put > Object (⌘1) して、ボックス内に「dac~」 と入力

オブジェクトを繋げる 

ボックスの左下辺りにカーソルを合わせると○印になるので、そこからドラッグして「doc~」ボックスの左上に繋げる

puredata4

音が鳴ったー

めちゃくちゃ簡単です。折を見て弄ってみたいです。

試しに

ピタゴラス音律を並べてみた。こちらのサイトを参考に・・・(自分では計算できないyo・・・)
http://fry.no.coocan.jp/lecture/humansci/ongaku1.htm

常人の耳では特段違いがわかりませんなあ…。なんか色々試してみたい。

つくり方/鳴らし方

Put > Message (⌘2) で、周波数を入力して繋げていく。

編集モードと実行モードがあり、 ⌘E で切り替える。

    • 実行モード:カーソルが黒矢印 …音の切り替えが出来る
    • 編集モード:カーソルが手(指)…数値を変更出来る 

ファイル

大したものではないけどファイルを置いておきます・・・・

test.pd

参考にさせて頂きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP