太陽の子 棚橋弘至

5.4福岡で行われるIWGPヘビータイトルマッチ挑戦を控えた棚橋弘至
自身をエース、100人に一人の逸材、疲れたことがない等などと評し新日本プロレスを引っ張っています。

ワンフレーズで解りやすくファンタジーじみたチャッチフレーズで自己を表現するキラキラした点が目立ちますが、実はポッドキャストや試合時の解説での明瞭で現実的な発言(よく噛むが。。。)が非常におもしろいです。自身の戦い方や立ち位置分析、とりわけ他選手の評論が痛快だったりします。

これまでに印象的だった発言

2016.4.21 ポッドキャスト →聴く

「ブーイングが起きないヒールユニットはジレンマに陥る」

2016.4.10両国で内藤哲也がIWGP戴冠した際の発言。試合への介入や反則をやっても歓声が起きるロスインゴの以後を懸念していた。実際最近は介入は減っているのでこのジレンマは回避できているかと思います。

2017.4月ニュージャパンカップでEVILに破れ4.29にリベンジ戦を控えた際のインタビュー

「凄くいい選手になった。ただもっと野心がみたい。EVILSANADAも。ヒロムにはそういうのがでてる。そこでいいのか?」

まだEVIL、SANADAがIWGPに挑戦する前の発言です。ヒロムは凄く評価しているようです。SANADAについても時折話に出して肉体について褒めたりしています。

2017.11.29 ワンダーランド 出演時

「むっちゃクチャ悔しいと思う。仮に名前を出すなら裕二郎とか。泣くぐらい悔しいと思う」

自身の試合順が前の方になっていることが非常に悔しいという発言の中で、メインを張るオカダや内藤の同世代の今の気持ちを代弁したもの。
非常にリアルで生々しい発言ですよね。。。

試合はもちろんですが棚橋選手の今後の発言も楽しみです。また解説やってほしいな。試合解説は真壁も明確で面白い♪あと最近タイチの解説も良い!

 

 

 

コメントを残す