Home Made Garbage

WiFi MicroとBlynkで室温記録

お父ちゃん お父ちゃん  2016.5.27 
電子工作 / / / / /
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
WordPress
IOT
してみました!

システム概要

 

WiFiMicro_DS3231_Blynk

IMAG0017
DS3231ボードをI2CでWiFi Microにつないで温度情報をBlynkアプリでプロットします。
WiFi Microの詳細についでは以下も参照ください。
RedBearLab WiFi Micro の設定方法 for Windows
WiFi MicroとはRedBear社のTI製WiFiコアCC3200搭載の小型マイコンです。 上に刺さってるのがWiFi Microで下の基板がUSB書き込み用ボードのMK20 購入先 すでにMK20を持ってる場合は  ピン配置http://redbear.cc/wp-content/uploads/2015/11/WiFi_Micro_Pinout.png小...

DS3231

正確な時間クロックを刻むリアルタイムクロック(RTC)デバイスです。温度センサも内蔵されてます。
安すぎる。。。
以下にArduino用のライブラリとプログラム例アップされてます。
 こちらのDS3231_temperature.inoを参考にI2Cで温度取得します。

Blynk設定

Blynk詳細はhttp://www.blynk.cc/getting-started過去記事を参照ください。
以下のBlynk用ライブラリをDL、解凍し所定のEnergiaライブラリフォルダにアップします。
 
 
Screenshot_2016-05-27-19-29-53
温度表示用のLabeled Valueと温度変化履歴をプロットするHistory Graphを配置。
おまけでButton配置してD13ピンを指定しました。
WiFi MicroのD13にはLEDが載ってますんでコレ押すとON/OFF出来ます

Energia用コード

実行

Screenshot_2016-05-26-13-00-30
最近平穏な気候過ぎて全然おもしろくないグラフに。。。。
 
冬にESP-WROOM-02でやった時は灯油ストーブが設定温度保とうと頑張ってる様子や
お母ちゃんがお迎え行ってストーブ消した様子も見れて面白かったですよ

 
ちなみに5/25にBlynkサーバ落ちたっぽく全然使えなくなった。。。。恐らく初めてだよね?コニュニティ賑わってたwww
独自のサーバ立てて使えるみたいだけど、そうなると ちと敷居高いよなぁ。。。。 🙄 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

TOP